目の下にできるクマを解消する|整形で美をゲット

レディー

乳がん治療とケア

胸の整形

乳房再建を行う場合、現在では脂肪注入という新しい選択肢が登場しています。以前の乳房再建に不満を持つ方でも、このような方法を試すことで状態を改善することが可能です。他の乳房再建術と組み合わせることが出来るのが、一つの特徴となっています。

この記事を読む

手軽に出来るバストアップ

バストを測る人

豊胸手術の結果を左右するのは、施術を行う医師、クリニックです。信頼することが出来る医師・クリニックを見つけるためにも複数のクリニックでカウンセリングを受けるということは非常に大切なことです。分からないことは些細な事でも必ず確認することが重要です。

この記事を読む

顔の魅力を高めるために

目元を触る中年女性

目の下のクマは、色合いや原因ごとに複数に分類されています。まずは茶色のクマですが、これは目の下にメラニン色素が沈着することが原因となっています。次に青色のクマですが、この原因は、目の下の血管が細くなることです。血管が細いと、流れにくくなることで質の低下した血液が、その部分にたまりやすくなります。それがクマとなって見えるようになるわけです。そして黒色のクマですが、これは目の周辺の皮膚がたるみ、皮下脂肪ごと垂れてくることで生じます。垂れると、その部分には暗い影ができるのですが、この影が黒色のクマの正体なのです。そして美容整形外科では、これらを全て解消することが可能となっています。目元は顔の中でも特に目立つので、クマを解消することで顔の印象は良くなります。そのため多くの人が、顔の魅力を高めるために美容整形外科でクマの治療を受けています。

具体的に美容整形外科でどのような治療がおこなわれるのかというと、レーザー治療やフォトフェイシャル、サーマクールなどです。いずれも、光やラジオ波によって生じる熱で、肌細胞を活性化させる治療です。活性化すれば、メラニン色素がさかんに排出されるようになりますし、血行も良くなります。また、コラーゲンの生成量が増えるので、皮膚のたるみも改善されていくのです。つまりどのタイプのクマも、これらの治療により、目の下から消えていくということです。さらに昨今では、肌細胞をよりしっかりと活性化させる、皮膚再生療法もおこなわれるようになっています。皮膚再生療法とは、成長因子を皮膚に与えるという治療で、これによりクマはもちろん、くすみや小じわといった他の肌トラブルも解消されます。このように美容整形外科では、様々な治療を受けることができるようになっているのです。そのことからも、治療を希望する人の増加が予想されています。

サーマクールでたるみ改善

カウンセリング

サーマクールCPTは、皮膚を切らないで頬のたるみを引き締めてハリを出すことができる画期的な美容整形です。コラーゲンを引き締める効果とコラーゲンを増やす効果の二段階があり、即効性と長期的な効果がある治療です。

この記事を読む