目の下にできるクマを解消する|整形で美をゲット

ウーマン

乳がん治療とケア

胸の整形

脂肪注入も可能です

乳がん治療後に行う乳房再建では、主にシリコンバッグ法や自分の脂肪を移植する方法などが行われてきました。新たな選択肢の一つとしては、脂肪注入という方法が挙げられます。この方法は、一部の美容整形クリニックなどで行われているのが現在の状況です。自分の脂肪を再注入するのが特徴ですが、プロセスに一工夫が加えられています。この手の脂肪注入法は、脂肪が組織につきにくいという問題がありました。新たにスタートされている方法では、幹細胞を使用することでこれまでの問題点を解消しています。この脂肪注入法は一般的な乳房再建術と組み合わせるなどの方法で、より自然な乳房を形成することが可能です。過去の乳房再建術の仕上がりに不満を持つ場合は、一度美容整形クリニックに相談してみると改善の道が見つかります。

応用がきくのが利点です

新しい脂肪注入による乳房再建法は、様々な状況で活用が叶います。シリコンバッグなどが挿入された状態にプラスして行うことも可能で、よりバランスの取れたラインに整えられるのが大きな利点です。一度受けた乳房再建術に不満を持つ場合にも、こういった脂肪注入を用いれば改善が期待出来ます。また、現在治療中の方でもトライ出来るのがこの方法の非常に柔軟な点です。乳房再建は、本来は施術に十分な経験と知識を持つ医師が行う必要があります。ですが、状況によって一般の外科医がこの手の乳房再建術を実施することがあるのが厄介な点です。脂肪注入による乳房再建は通常は注射器で行うため、メスが要らないという利点があるのも見逃せない点と考えられます。